1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
verso360-壁フレーム
1

Plate Loader:体重計を保管する

2

高さ調整可能なバーベルサスペンション(含まれるもの:2x T-Adjust、2x T-Adjustカップ)

3

マルチベンチ

4

revvll 付属品:高さ調整可能(T-Adjust XL +を含む revvll ベースマウント)

5

ウォールバー

6

Wコネクターはフレームを壁に接続します

7

ディップ用Tスタンドディップバー

8

Tスタンド:垂直脚

9

Top-要素:高さ233 cm(92インチ)

10

Top-エレメントL:高さ270 cm(106インチ)

11

Top-エレメントXL:高さ320 cm(126インチ)

12

A-Stand:XNUMXつの立脚とフランジ Top-要素

13

A-Bar:クランプ取り付け用のディップエクステンション A-Stand

14

ウォール収納

verso360 カスタム–壁またはフレームは自分で計画します

完全にカスタマイズします verso360 あなたの要求への適性の訓練の装備。 以下の構成のルールを見つけます。

119,00 819,01  *

出荷予定日:2-4週間

クリア

自分で verso360 自立型ソリューションであろうと壁掛け型ソリューションであろうと。 すべてのアクセサリーはドイツ製で、シームレスに組み合わされています。 インストールは非常に簡単で、わずか数本のネジで行えます。 すでにインストールされているリグを数分でアップグレードすることもできます。

verso360 –最適な構成のガイドライン

  1. An A-Stand 自立型フレームの外端にのみ取り付けることができます。 A-Standsは、 pro最適な安定性を示します。 必ず正しい方向に取り付けてください。 フレームの基礎には、外側を指すマークがあります。
  2. 世界 Tスタンド 4つの側面すべてにコネクタがあります。 接続するための広い側 Top-W-またはT-コネクタを接続するための要素と小さい側。 これにより、7cm(2,75インチ)の長さが追加されます。 verso360 set上。 Tスタンドは床にドリルで穴を開ける必要はありません。 しっかりとした地面との接触がないTスタンドがある可能性があるため、床が平らでないときに行うことをお勧めします。 これは追加で対抗することもできます rubベルパッド。 Tスタンドのいずれかを使用して、 revvll またはバトルロープ。 これらの場合、Tスタンドの底に横方向に大きな力がかかります。 常にしっかりと接地してください!
  3. Top-要素 115cmの標準的な長さと異なる高さで来ます。 これは、レベルの変更も伴う(より要求の厳しい)モンキーバーのトレーニングに非常に役立ちます。 Top-要素は、手の強さを開発するのにも最適な中央の特大のバーを備えています。 機器を取り外すことなく、数秒で簡単に移動できるように設計されています。 逆三角形は、中央の特大バーに取り付けられたトレーニング機器を使わずに、両端からプルアップバーとして使用することもできます!
    1. Top-要素:設置高さ233 cm(92インチ)
    2. Top-エレメントL:取り付け高さ270 cm(106インチ)
    3. Top-エレメントXL:取り付け高さ320 cm(126インチ)。
  4. Tスタンドは、壁に設置するシナリオで使用する場合、壁に取り付けるために常にWコネクタが必要です。
  5. Tスタンドを取り付けることができます T調整 ステンレス鋼の調節可能なロッド(通常サイズとXLバージョン)。 それらのロッドは、拡張機能でカスタマイズすることができます revvllセイレット、バーベル、またはエイレットにフックできる汎用機器。 T-Adjustsは、Tスタンドのすべての側面に取り付けることができ、スペースを設計するときに最大限の柔軟性を提供します。
    1. 2xT-2xカップで調整してバーベルサスペンションオプションを形成し、2つに接続されているXNUMXxTスタンドに取り付けます Top-エレメント。
  6. 最大3つまでリンクできます Top-要素から「複合セクション」を追加する前に A-Stand またはセクションの両側のTスタンドモジュール。
  7. 組み合わせたセクションでは、組み合わせることができます Top-要素(最大1Lおよび最大1.XL)。
  8. 総動的重量 結合されたセクションごとに150kgを超えないようにしてください。
  9. 最大の長さ:自立型フレームは合計6つ持つことができます Top-要素であるため、中央に少なくともXNUMXつのTスタンドがあります。 より長いフレームが必要な場合は、通常、XNUMXつ目のフレームを追加することをお勧めします。 また、ポジショニングとスペースの設計がはるかに簡単になります。 壁に取り付けられたフレームには長さの制限はありません。
  10. 結合することができます A-Stand自立型を形成するためのTスタンド付き ハイブリッドフレーム。 基本的に、中央にXNUMXつ以上のボックスがある自立型フレーム。 「結合セクション」ルールには例外があることに注意してください。 ボックス(Tコネクタ付きTスタンドおよび Top-要素)の長さはXNUMXつに制限されています Top-エレメント。 一方、自立型フレームの最大長についてルールを拡張し、全長を8にすることができます。 Top-要素–フレームの中央の安定性が向上したため。
  11. 自立フレーム 重量プレートで安定させる必要があります(50kgあたり A-Stand 脚)の各脚にある金属スタッドに取り付けることができます A-Stand。 ボルト締めすることをお勧めします A-Stand 床に穴を開けます(各穴にドリル穴があります)。
  12. 壁に取り付けられたフレーム 床にボルトで固定する必要はありませんが、すべてのTスタンドがしっかりと接地していることを確認してください。 Tスタンドがたくさんある場合、フローリングが100%でなくても注意が必要です。 その後、Tスタンドの足場を一時停止できます。 rub必要に応じて、タイルを敷くか、床にボルトで固定します。 T-Adjust XLを設置し、それが多くの横方向の力を生成するため、最も低い位置で計画する場合は、床へのボルト締めも推奨されます。

リグの計画をお手伝いします!

あなたが考えていることは何でも私たちに書いてください! 一緒に私たちはそれから素晴らしいものを作ります!

フォームによって送信されたメッセージを検証するために必要なGoogle reCaptchaサービス。